【木下凛々子】「先生、好きです…デートして下さい。」生徒の熱い眼差しに負けラブホに行ってしまった女教師。

thumbnail image 「先生、好きです…デートして下さい。」素直な言葉をぶつける彼に、私は教師でありながらもドキッとしてしまった。それから私は、無意識に彼を意識してしまっていたのかもしれない。月日が流れても彼の気持ちが変ることは無く、私の中でも彼の存在は大きくなっていた。そしてある日の帰り道、彼の真っ直ぐな瞳に見つめられて教師である自覚を忘れてしまった。イケナイ事だと思えば思う…

このサイトの記事を見る

おすすめ動画 PICK UP!!

You may also like...