【藤森里穂】姉弟という縛りを失った二人が、禁断の不倫に溺れた日

thumbnail image 蝉の音がうるさい夏の日、僕は母の17回忌で久々に実家へ帰っていた。毎年欠かさず帰るようにしていたのは姉・里穂の存在が大きかった。早くに亡くなった母に代わり、ずっと僕の面倒を見てくれていた憧れの姉だ。大人になり姉も僕も結婚しているが、今でも僕は姉に姉弟とは違う特別な感情を抱いている。そして法事が終わった夜、父から話があると呼び出された僕はそこで姉・里穂と本当の姉弟ではないと打ち明…

このサイトの記事を見る

おすすめ動画 PICK UP!!

You may also like...