【夏目彩春】終電を逃した僕は彼女がいるのに女上司の家に泊まってしまった…。

thumbnail image その日、クレーム対応を終えて僕らが客先を出たのは深夜0時過ぎだった。終電もなく、あたりに時間を潰せるような店も無く…。困り果てた僕を見かねて近所に住む上司の杏奈さんが「よかったら…ウチ、来る?」と言ってくれた。会社とは違う顔を見せる杏奈さんにドキドキした。そして僕は、ソファーで眠る杏奈さんの寝顔に…思わずキスをし…

このサイトの記事を見る

おすすめ動画 PICK UP!!

You may also like...